AT車限定免許のメリット

免許取得がMT車よりも楽

MT車を運転するためには、クラッチ操作やギア操作を覚えなくてはなりませんが、AT車ではそういった操作を覚える必要はありません。その分AT車の運転は比較的楽に行えるようになっており、免許を取得する際に、AT車限定免許の方が実技の面で楽ができます。実技が楽になるということは、免許取得に必要な実技試験が通りやすくなるということです。仮に実技試験が不合格になってしまうと、補習を受けた後再試験を受ける必要があり、運転免許を取得するまでの期間が長くなってしまうため、実技試験の受かりやすさは重要です。また、通常の自動車学校であれば、免許を取得する際の実技の時間がAT車限定免許の方が少なくて済みます。免許取得までの期間も短くなるという点もAT車限定免許のメリットだと言えます。

免許取得にかかる費用が抑えられる

免許を取得するための費用が抑えられることもAT車限定免許のメリットだと言えます。AT車限定免許は実技講習回数が少ないため、その分講習費用が安くなるのが一般的です。また、実技試験に不合格になってしまった際には、補習費用や再試験費用も発生します。複雑な操作が少なく、実技試験を通過しやすいAT車限定免許の方が、そういった費用が発生しにくいため、費用が抑えられます。AT車の流通の方が多い現状において、お金をかけてMT車免許を取得しても乗る機会がないということも多々あります。免許取得費用はまとまった金額が必要になるため、少しでも費用を抑えておきたいという場合にはAT車限定免許の方がメリットが大きいと考えられます。